建具職人としての基本を守り、技術を駆使した秋田杉の組子コースターにも挑戦

  • 小玉順一
  • 秋田県
  • 建具職人
  • Icon side 03木工(指物)・家具
Kodama s

建具職人としての基本を守り、技術を駆使した秋田杉の組子コースターにも挑戦

  • 小玉順一
  • 秋田県
  • 建具職人
  • Icon side 03木工(指物)・家具
  • 建具職人 とは?

    和室にある障子やふすま、欄間(らんま)などに用いる木製の仕切り具である建具をつくる職人です。建具は繊細な装飾や風合いによって、空間を彩るとともに、住む人に木の温かさと安らぎを与えてくれます。

    建具に用いられる「組子」とは、「ほぞ」と呼ばれる板に彫った凹凸の切り込みにはめ込み、釘を使わずに木を組み付ける技術のことです。

    中でも組子細工は、木を組み合わせて緻密な模様を表現する伝統技術で、紙一枚の隙間も無いほど高い精度を求められるため、熟練した職人だけに作り出すことのできる匠の技です。厳選された天然秋田杉を素材に、細かな手作業によって生み出される組子細工は、見る者の目を釘付けにする繊細さと気品に満ちあふれています。

    屏風(びょうぶ)などの日本の伝統美を伝える製品の需要が減ってはいるものの、現在の洋風建築の中でも、見せる「木組み」として建具は今も暮らしの中に息づいています。

    職人・作り手の紹介

    小玉順一(こだま・じゅんいち)

    秋田県五城目町出身。1942年に創業した建具屋"小玉建具店"代表。父親から引き継ぎ、生涯建具一筋。気さくに相談できる温和な人柄、口癖は「基本が一番」。寸分のずれも出さない正確な仕事がモットー。


    サポーター登録希望者は下記のいずれかまでご連絡ください!

    ★伝サポ事務局
    info@den-suppo.jp
    ★五城目町物産協会(五城目町役場商工振興課内)
    syoko@town.gojome.akita.jp
    電話:018-852-5222

    ご記載いただく内容
    (1)名前
    (2)メールアドレス
    (3)住所
    (4)電話番号
    (5)応援コメント※任意

    >> もっとプロフィールを見る

    作品・ギャラリー

    Admin image01 Admin image03 Admin image04 Admin image05

    >> もっと作品・ギャラリーを見る

    ライフストーリー

    家業を継ぐのが当たり前の時代 棟梁に選ばれる建具屋に

    私は五城目出身で、中学校、高校を卒業して、すぐに家業である建具屋を継ぎました。そのため、五城目の外に出たことがありません。

    早くに父親を亡くしており、学生の間は父の仕事を母が継いで、その手伝いをしていました。

    家業を継ぐ以外のことを考えたことはもちろんあります。三叉路が人生には必ずある。昔だから、長男は家の仕事をやらなければ駄目で、そういう風に育ってきました。若い頃、気持ちは常に揺れていたし、家業には必要のない試験を受けたこともあります。それはそれでもう昔の話ですね。

    地域の建具を中心に手掛けてきました。今は工務店が中心ですが、昔であれば大工さんの棟梁が家を作るためのお財布を仕切っていました。結局のところ、損得うんぬん考えるのは施主から任された棟梁。当時の注文は量産もできなかったから、家1軒で昔は50〜60枚の注文がありました。

    納品して問題があれば、狭い秋田ですからすぐに世間に伝わってしまう。だからこそ、棟梁は建具屋が作るものの材料の良さ、技術の良さは全て分かっていました。



    建具に使う天然秋田杉の端材から工芸品作りに挑戦

    仕事のときは、常に緊張の連続。この歳になっても、ずっとそう。むしろ、歳を重ねるごとに、仕事への緊張感が高まっているように感じます。

    職人という商売は、お客様が生活の中で不自由にしていることをいかに解決するか、だと思っています。ご要望があれば、要望に応じて何でも作れるようにしています。

    職人として一年中働いていたいです。そう考えているうちに、建具だけではなくて木工芸も手掛けるようになりました。時間も資材も有効利用しないといけません。建具で使った天然秋田杉の端材がもったいなくて、何が作れるか?と試行錯誤した末に組子コースターを作りました。



    地域の伝統工芸を取り入れた学校建築を手掛ける

    ある日、五城目第一中学校の建て替えで、地域の工芸である組子細工を扉に取り入れたいという要望をもらいました。大規模なプロジェクトでしたので、複数の職人が入って取り掛かりました。扉の組子細工デザインは、秋田公立美術大学の学生が起案。五十嵐教授が採用の判断を下す形で進めていきました。

    粗組という大きな枠の中に、小さい部品を組み上げていく。建築の現場は職人たちの集まりなので、さまざまなこだわりが生まれます。

    一つは色。杉の丸太の中心は赤く、周りは白い。川は桜、屋根は神代杉という風に、部分ごとに使う木も部位も変えて作りました。

    もう一つは木材の選定。作品をガラスに入れて展示するので、ヒバのようにヤニがでる材料だと曇ってしまうので使えません。職人として譲れる部分と譲れない部分はありますよね。


    昔の人の知恵や伝統を参考に、仕事は基本が大事

    これまで手掛けたことのない仕事の前は、必ず自分の足で調査に回ります。

    たとえば、蔵の戸の注文を受けたとき。伝統的な家屋が立ち並ぶ増田町や角館町を巡りました。蔵の戸に直接手を触れると、カビができて崩れてしまいます。外側に鞘をつけて、人の手が触れないように工夫しているのです。そういう昔の人の知恵や伝統を参考に、私なりに作り上げていくのです。

    職人の仕事は基本が一番。基本がしっかりしていないと、最後に組むときに難儀するもの。通常なら、長さの違う部品を何種類も用意し、組み合わせてはめていきます。でも、私はどの部品を組み合わせてもはまるように作っています。厚さ一つとっても、多少でも違えば面と面が合いません。あくまで基本が大事です。

    道具を使う手の位置を見れば、本当に仕事ができるかできないかは分かるものです。のこぎりを使うとき、柄を長く持っては正確に切れない。だから、正確に切るには柄を短く持つことになる。道具を持つ位置一つで、その人の技量はわかるもの。鉋(かんな)だって同じですね。

    人のできない仕事をやって、技術を重ねていく。同じ工具を使えば同じものが仕上がるとは限りません。使えるでは足りない、使いこなしていかないと。



    まだまだ勉強したい・・・という気持ちを持ち続けたい

    これからも、一人一人のお客さんに気に入れられるように、コツコツと仕事をしていきたいです。

    そして、地道に一所懸命に働いて、商域を広げていくのが目標です。長い職人生活で、これまで考えもしなかった注文を受けることもありました。今後も、遠方のお客様からの依頼や珍しい注文であっても、必要とされる方のために手を尽くていきたい思いは変わりません。

    職人としてずっと憧れているのは「趣味で仕事をする」という生活。趣味は損得関係ではありません。
    暮らしのことを考えず、仕事に没頭して最高のものづくりを出来たらいいなあという願望はあります。いつかそんな暮らしをしてみたい。50年やってきたけど、未だできないし、一向に実現できそうな気配もないけれど。

    伝統だけではなく、現代の逸品も研究していかなければならないと思っています。

    現代的な建築物を手掛けるハウスメーカーの建具も、必ず参考にするようにしています。テレビで建具について取り上げられていると、つい熱中して「もっと詳しく知りたい」と思うことがあります。「まだまだ勉強しなければ」という気概を、これからも持ち続けていきたいですね。

    勉強を重ねながら、建具の技術を凝縮した秋田杉の組子コースターの開発にも取り組んでいきたいです。地元・秋田ならではの天然素材を詰め込んだ美しい組子コースターを作って、まずは地元の人たちに親しみを込めて使ってもらうのが夢。良いものを作り続けることで、必然的に地域外の人にも広がっていくはず。そう願って毎日毎日仕事に向き合っています。


    《インタビューと文:五城目町地域おこし協力隊・柳澤龍》

    編集部からのおすすめ

    誠実にひたすら木と向きあう、とても職人らしい真面目な性格を持つ一方で、明るい笑顔が印象的な方です。生まれた頃から家業を継ぐことを期待されていて、これまでずっと職人一筋で生きてきました。現在はさまざまなデザインの組子コースターも製作されていて、この作品を通じて秋田の木をより多くの方に親しんでもらいたいと考えています。
    産地の職人・小玉さんの製作する地元・秋田の木材を用いた木工作品は、その素材の魅力を存分に引き出してくれるに違いありません。

  • 活動報告

    2016-04-16

    組子コースター新作デザイン!お洒落に完成しました!!

    サポーターの皆さん、こんにちは。
    新作・組子コースター(ケース付)をご紹介します。
    贈答品としても最適なスタイリッシュなデザインの組子コースターを作ってみました。

    私の職人としてのモットーは「基本が一番」。建具職人として、建具の技術に真っ向から向かい合って仕事をしています。
    建具の装飾には、板に彫った凹凸の切り込みにはめ込み、釘を使わずに木を組み付ける「組子」という技術を用います。緻密な模様を表現する伝統技法で、紙一枚の隙間もないほど高い精度を求められるため、熟練した職人だけが作り出すことができる匠の技です。

    この組子コースターは、樹齢200年の天然秋田杉の白みと、神代の昔から土の中で眠りつづけた神代杉の黒の二色を素材に、組子の細かな手作業によって生み出されました。見る人の目を釘付けにする繊細さと気品に満ちあふれていませんか?

    どうですか?
    自信の新作です。


  • サポーターからの応援メッセージ

    まだ応援メッセージはありません。

  • コミュニティ

    まだ記事はありません。

    続きを読む

    ※このプロジェクトのサポーターのみ閲覧可

  • プロフィール

    作り手の紹介

    小玉順一(こだま・じゅんいち)

    秋田県五城目町出身。1942年に創業した建具屋"小玉建具店"代表。父親から引き継ぎ、生涯建具一筋。気さくに相談できる温和な人柄、口癖は「基本が一番」。寸分のずれも出さない正確な仕事がモットー。


    サポーター登録希望者は下記のいずれかまでご連絡ください!

    ★伝サポ事務局
    info@den-suppo.jp
    ★五城目町物産協会(五城目町役場商工振興課内)
    syoko@town.gojome.akita.jp
    電話:018-852-5222

    ご記載いただく内容
    (1)名前
    (2)メールアドレス
    (3)住所
    (4)電話番号
    (5)応援コメント※任意

    直近の目標

    新しいデザインに挑戦しながら、秋田杉の組子コースターを日本中に広める。

    将来・未来の目標

    地道に仕事を続けながら、地域を越えて商域を広げていくこと。

  • 作品ギャラリー

応援コメントや質問はこちらから

伝サポのソーシャルアカウント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る